植毛の手術にかかる費用や値段はどのくらいか


植毛は薄毛改善法として非常に有効な手段と言われているのに、薄毛に悩む多くの人が育毛剤などでの改善を試みている人が多い理由として費用の高さが関係していると思われます。

植毛先進国と言えばアメリカですが、アメリカの場合薄毛に悩む人のおよそ6割の人が薄毛改善法の第一選択として考えているのに対し、日本において植毛を選択肢に考えている人は非常に少ないとされています。

ミノキシジルやフィナステリドなどの内服薬に比べても体への負担が少なく副作用もほとんどないとされ安全な植毛が薄毛改善の第一選択にはならないのは、手術にかかる値段が非常に高いことが考えられます。

AGA治療は、命にかかわる病気ではないこととあくまで予防や現状維持を目的とする医療行為であるために基本的に保険適用はできないとされているのが一般的です。

そのため、費用が高くなってしまうのは否めないのですが特に植毛はその中でも格段に費用が高くなる治療法であるために多くの人は試したくてもなかなか治療を受けようという気にはなれないのが現状と言えます。

では、実際にはどれくらいに費用がかかるものなのか考えてみましょう。
あらかじめどれくらいの値段なのか把握しておくことで、受けるか受けないかを考える機会にもなりますので知っておくことをおすすめします。

植毛にかかる費用というのは、基本手術費と移植本数によって決まるとされています。

基本手術費はそれほどどのクリニックも平均して同じくらいなのに対し、移植本数はクリニックによって値段設定が異なりますので、比較的安価で手術が受けられるところもあれば高いところまで様々です。

そして、一本いくらという換算で産出されるのではなく株ごとに値段を決めているクリニックもありますので判断が難しいところと言えるでしょう。

たとえば、一株500円で植毛を行っているクリニックがあったとして1000本移植をしたら50万、それに基本手術費がかかってきますので最低でも60~70万くらいはかかってしまうでしょう。

また、1000本は移植本数として非常に少ない方であり、薄毛の範囲は広範囲であればあるほど移植する本数も増えてしまうためにそれこそ何百万単位で手術費用がかかることが考えられます。

加えて、一度で手術ができるわけではなく複数回に分けて手術を行うことになりますので、それを考えると莫大な費用がかかると思ってよいでしょう。

ただ、植毛は薄毛改善法としては効果が高い方法であり、もう生えてこないと諦めていた部位に再び毛を生やすことができる方法としては唯一の方法でもあります。

確かに費用は高くなりますが、この先薄毛に悩む人生を送りたくないのであれば植毛を考えるのも一つの賢い選択だと言えるでしょう。

コメントを残す