自毛植毛の技術による植毛とは


植毛といえば、これまで人工植毛が主流でしたが、最近では自毛植毛という技術を受ける人も増えてきています。この自毛植毛とは、自分の髪の毛を頭部の髪の毛の薄くなっている部分に移植するという技術です。主に後頭部や側頭部の髪の毛を頭部の頭頂部や前頭部の薄毛の部分に移植します。

方法としては、後頭部や側頭部の頭皮を毛根ごと抜き取って移植します。また、最近では、メスを使わずに毛根を採取することが可能になっており、後頭部や側頭部の傷跡も目立たないように行うことができます。移植された髪の毛は一度すべて抜け落ちますが、再び生えてくるようになり、半永久的に生え変わるようになります。ですから、自毛植毛を一度受けてしまえば、その後はほとんどメンテナンスなどの必要がないという点が大きなメリットになります。

また、移植する髪の毛は自分の髪の毛なので、自分の頭皮に合わないでトラブルが起こるということはほとんどありません。ですから、安全性の面でも安心して植毛を行うことができます。ただし、植毛できる髪の毛の量については、自分の髪の毛ということで、本数にも限りがありますから、長期的な視点でどのくらいの本数を移植するのかといったことを考える必要があります。

自毛植毛とは、自分の後頭部や側頭部にある丈夫な髪の毛を頭部の薄くなっている部分に移植するという最新の植毛技術ですが、この技術を受けるにあたっては、費用の面が気になるところではあります。そこで、自毛植毛を受ける場合にどのくらいの費用が掛かるのかというと、どのような方法で植毛をするのか、どのくらいの本数を移植するのかで費用が変わってきます。

まず、方法については、切る方法と切らない方法があり、切らない方法を選択すると跡はあまり目立たなくすることができますが、費用が10万円ほど変わってきます。

本数については、一般的な目安として、例えばM字ハゲや生え際の後退を改善させるために必要な髪の毛の本数としては、200本から2000本程度だといわれていて、この本数を移植する場合、切る方法で行う場合は28万円から100万円の範囲、切らない方法で行う場合は、32万円から140万円くらいの費用となります。

自毛植毛の場合は、保険が適用されないので、クリニックによっても費用は異なってきます。このように、自毛植毛をするにあたっては、ある程度まとまった費用が必要になってくるということがいえますが、一度手術を受けてしまえば、その後はメンテナンスなどに費用をかける必要なく生えてくるようになるので、長期的に考えれば、それほど高額というわけではないと考えられます。

コメントを残す